会社概要

会社情報

社  名

佐伯工業株式会社

本  社

599-0303 大阪府泉南郡岬町深日 1064番地

創  業

1952年(昭和27年)4月

会社設立

1967年(昭和42年)6月

資 本 金

1,600万円

従業員数

約70名

各許可番号

建設業の許可 大阪府知事許可 第7585号
  土木工事業 建築工事業 鉄構造物工事業
  塗装工事業 機械器具設置業
Rグレード認定工場
  国住指 第1442-23-1号認定工場
  TFBR-120546
一級建築士事務所登録 大阪府知事登録(ロ)第19521号

取引銀行

紀陽銀行 岬支店
泉州銀行 岬支店
商工組合中央金庫 堺支店

主要加入団体

大 阪鉄構建設業協同組合
日本アミユ一ズメントマシン協会(JAMMA)

事業種目

鉄道車両の改造工事、補修工事、及び、点検、整備
遊戯機械の設計、製作、施工、及び、点検、整備

代表者

代表取締役  佐伯 慎一

主要取引先

南海電気鉄道株式会社
南海車両工業株式会社
水間鉄道株式会社


沿革

昭和274

佐伯作次が佐伯工業所を設立しました。当初は南海電気鉄道株式会社の貨車の改造や修理を業務とし ておりました。

昭和3611

大阪湾フェリーの開航のときに日常補修業務の依頼を受けましたので、大阪府泉南郡岬町深日に工場を建て、 佐伯鉄工所として開業致しました。

昭和40

南海砂利株式会社より採石プラントの補修、改造業務の依頼を受けました。このとき、 採石コンベアーの設計、製作も行うようになりました。

昭和42

南海電気鉄道株式会社より鉄道車両部品の御注文を受けましたので、深日工場を増改築し、新鋭機械を投入しまし た。『より一層信頼して頂ける工場』として出発するため、社名を佐伯工業株式会社と改称し、 代表取締役に佐伯弘が就任致しました。
南海電気鉄道株式会社の鉄道車両の改造と修理、大阪湾フェリーの日常保守の委託、 南海砂利株式会社の日常保守の委託により、業務を拡大いたしまし た。

昭和44

南海電気鉄道株式会社よりATS工事、昇圧工事の御依頼を受けました。 そのため、設備の見直し及び新鋭工作機械の増強をいたしました。

昭和45

遊戯機器メーカーの泉陽興業株式会社の御依頼で、遊戯機の設計製作に携わることになりました。

昭和57

南海電気鉄道株式会社の車両工場が河内長野市千代田に移転しました後、 弊社は同工場内にて鉄道車両の整備、改造工事、補修工事をいたしております。
水間鉄道株式会社より、鉄道車両の定期整備のご依頼がありましたので、水間工場を建設いたし ました。

事業場

本社事務所

深日第1工場

深日第2工場

深日第3工場

水間工場

 

工作機械 設備

レーザー加工機

タレットパンチプレス(タレパン)

150tブレーキプレス

200tクランクプレス

シャーリング

アイアンワーカー

オートボーラー

フライス盤

鋸盤

溶接機

塗装ブース

 





ページのトップへ戻る